top of page
  • 執筆者の写真俊治 南

外壁後退の制約とは


外壁後退の対象となるのは、建築物の外壁や柱に相当するもので、一種低層住居専用地域、二種低層住居専用地域、田園住居地域に制約あります。


しかし、以下の条件を満たす部分は、外壁後退の対象から除外されます。


・敷地に関わる外壁後退は、壁と柱だけ考えればOKで、軒や庇は関係ありません。

 しかし斜線制限の建物後退による緩和、いわゆるセットバックなど高さに関わる場合は、軒も庇も関係してきます。


・後退ラインからはみ出す部分の外壁中心線の長さが3m以下の場合


・物置等で、以下の両方の基準を満たす部分で軒の高さ2.3m以下で

 後退ラインからはみ出す部分の床面積が5㎡以下の場合などがあります。

 建築計画には注意しましょう。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

土地価格の調べ方の代表的な3つのアプローチです

1. 国土交通省の地価公示・地価調査を利用する場合 国土交通省 地価公示・地価調査 にアクセスします。 「地価公示」「地価調査」から検索を選択し、都道府県、市区町村、地域などを入力して検索します。結果として表示される価格情報を確認します。 2. 不動産会社のサイトを利用する場合 不動産情報サイト(SUUMO、HOME'S、アットホームなど)にアクセスします。 「土地」や「売地」などのカテゴリーから

パッシブデザインのススメ

パッシブデザインの間取りとは、自然エネルギーを活用して快適な室内環境を実現するための設計手法を指します。具体的には、太陽光、風、地熱などを最大限に利用し、エネルギー消費を抑えつつ、住み心地の良い空間を作ることを目指します。以下に、パッシブデザインの間取りの特徴とその具体例を示します。 パッシブデザインの間取りの特徴 太陽光の活用: 南向きの窓:冬には太陽光を取り入れ、室内を暖かく保ちます。 日射遮

「Low-Eガラス」とは

「Low-Eガラス」とは、ガラスの表面にLow-E膜といわれる特殊な金属膜(酸化錫や銀)をコーティングしたガラスのことで、複層ガラスへ主に用いられています。「Low-E」は「ローイー」と読み、英語の「Low Emissivity」の頭文字をとって「Low-E」と表記されています。 「Low Emissivity」とは、日本語に訳すと「低放射」という意味になります。つまり放射を低くする(下げる)とい

Comentários


bottom of page