top of page
  • 執筆者の写真俊治 南

「木造建築の豆知識:在来工法と伝統工法」

更新日:2023年3月24日

伝統工法は釘などの金物に頼らずに耐震性を取ることができる木造軸組み工法と定義しています。『足固め』や『貫』『長ほぞ』などで、本来木材の持っている柱や梁の曲げで構造耐力を持たしています。それは建物がしなやかに揺れ、地震や風のエネルギーを外へ逃がす、柔らかな構造に他なりません。そして、それは木の最大の特色でもある、木がめり込む柔らかさからくるものです。 現在木造建築で一般的に使用している構造用合板や筋交いなど釘や金物を多用する在来工法は技術が進歩しているのですが、一方で伝統工法に目を留めると古いものにも優れている点はたくさん見受けられます。ただ伝統を継承できる職人が足りていないことが問題といえるでしょう・

一級建築士 南俊治

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「風土と建築、Aaltoの考察」           2024.5.25 南 俊治

「Le Corbusierは図面でわかるが、Alvar Aaltoは行ってみないと分からない」、大学時代に教わった今は亡き芦原義信師の言葉である。 その後、坂倉建築研究所でお世話になりそこを退所し機会があって1996年の夏、フィンランドに行く機会が訪れ念願が叶った。その時は季節がよかったので分からなかったが昨年アアルトの映画があり見たときに愕然としたことがある。1930年代にできたパイミオのサナト

土地価格の調べ方の代表的な3つのアプローチです

1. 国土交通省の地価公示・地価調査を利用する場合 国土交通省 地価公示・地価調査 にアクセスします。 「地価公示」「地価調査」から検索を選択し、都道府県、市区町村、地域などを入力して検索します。結果として表示される価格情報を確認します。 2. 不動産会社のサイトを利用する場合 不動産情報サイト(SUUMO、HOME'S、アットホームなど)にアクセスします。 「土地」や「売地」などのカテゴリーから

パッシブデザインのススメ

パッシブデザインの間取りとは、自然エネルギーを活用して快適な室内環境を実現するための設計手法を指します。具体的には、太陽光、風、地熱などを最大限に利用し、エネルギー消費を抑えつつ、住み心地の良い空間を作ることを目指します。以下に、パッシブデザインの間取りの特徴とその具体例を示します。 パッシブデザインの間取りの特徴 太陽光の活用: 南向きの窓:冬には太陽光を取り入れ、室内を暖かく保ちます。 日射遮

Comments


bottom of page